矯正歯科(非抜歯)について

広島医院では、矯正治療は非抜歯で行っております。歯並びを良くする方法として 様々な治療法を駆使して患者さんのご希望に合った治療を選択していきます。
そのため最初の段階ではカウンセリング(相談)という形で お困りの事をお伺いして、一緒に治療法を考えていきたいのです。

歯の状態は個人個人で千差万別なので状態を確認の上期間、費用を決めていきます。

相談料は30分で3000円+消費税 かかります。

治療の流れとしては下記のようになります。

全体の矯正の場合

  • カウンセリング
  • 必要なら虫歯、歯周病の治療、全体の矯正の場合は親知らずの抜歯(後戻りを防ぐためです)
  • 歯の間隔が狭い場合床拡大装置、へリックスを使い歯と歯の間にスペースを作ります。
  • ブラケット(歯につける金具)、ワイヤーをつけます。
  • まっすぐのワイヤーで並ばない場合 MEAWという特殊なワイヤーを使って後ろの歯の倒れた状態を改善します。
  • ほぼスペースも歯並びも おおまかに治ったら ブラケットをはずしマウスピースに換えていきます。
  • 矯正治療が完了したら歯が後戻りしないように保定装置のマウスピースで固定します。

部分的な矯正の場合(MTM)-プチ矯正-

  • カウンセリング
  • 床拡大装置、マウスピース、部分的にブラケット、ワイヤー等をつけ矯正
  • 保定

マウスピース矯正 -インビザライン治療の流れ-

  • 初診時には、治療計画を作成するために、インビザライン・ドクターが写真、レントゲンおよびデジタルスキャンまたは歯牙の印象をとります。
  • アライン・テクノロジー社が独自に開発した3D治療計画ソフトウェアを使用し、ドクターは患者様の歯科記録に基づいてカスタマイズされた3Dの治療計画を作成します。この3Dの治療計画では、予測される歯牙の最終一が示されるほか、おおよその治療期間の長さも提示されます。
  • カスタマイズされたアライナーが製造され、ドクターのクリニックに出荷されます。
  • カスタムメイドのアライナー(通常は2-3セット)を受け取ります。これを毎日装着していただき、1週間〜2週間ごとに新しいアライナーを受け取ります。
  • 約4〜6週間ごとに通院し、インビザライン・ドクターから治療の進捗状況の確認および、次の治療ステージのアライナーを受け取ります。
  • 歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。


院長 山田英治

広島大学歯学部卒業。MEAW研究会日本口腔インプラント学会所属。大阪口腔インプラント研究会所属。日本ヘルスケア歯科研究会所属。日本ヘルスケア歯科研究会所属。

もっと見る

  • ご予約・無料カウンセリング 初診相談のご予約
  • 歯医者さんの口コミと検索

当サイトはSSLに対応しており、個人情報は全て暗号化して送信されます。

SSLスマートシールの表示

このページの先頭へ